-ドラクエ6 オート操縦概論-

クイックメニュー
|| トップページ || 攻略チャート1 2 3 || ボス攻略法 || 世界地図狭間 || よくある質問集 ||
|| 掲示板 || メールフォーム || ドラクエ・FF攻略データ || 隠しページあります ||
コマンドコントローラーというものがあって,たとえば昇竜拳のコマンドをボタン1に記憶させると,ボタン1を押すだけで昇竜拳を出してくれるようなコントローラーです.

賢明な読者の皆さんならお気づきでしょう.たとえば「口笛を吹いて敵を倒す」というコマンドを作れば,延々と敵を倒し続けるようなことも可能です.それ自体は難しくないんですが,この効率を上げないと,あまりコマンドコントローラーを使う意味はありません.

 コマンドコントローラー(リアルタイム登録)の問題点

すごいずれます.どういうことかというと,口笛を吹いて敵を輝く息で一ターンで倒すようなコマンドを作ったとして,ライフコッド周辺で実行したとしましょう.
まず,敵がいきなり襲いかかってくることでこのコマンドに失敗する可能性があります.まあこの場合は自動的に口笛を吹くようなパターンに戻るのですが,たとえばバイキルトをかけるような動作をコマンドに組み込んであると,勝手に上下左右に立ち位置がずれて町に入っていたりします.
したがって口笛を吹く作業であっても,長めにX連打の時間をとるなど考えてコマンドを作らなければならないのです.
もうひとつ重大なずれ方があって,それはコンピュータの処理落ちです.A右と入力したつもりが,Aのみの入力とカセット側が認識していることが多々あります.逆に右のみとか.
処理落ちに関しては,ある程度簡単に補う方法があります.
普通のボタン→素早く連打(どちらか片方が入力されたと認識される)
十字キー→0.5秒程度の長押し(この程度の長押しであれば一回の入力と認識されます)

さて,ここまでは「リアルタイムコマンド」という種類のコマンド入力で,もうひとつ「プログラムコマンド」というのもあります.プログラムコマンドではたとえば左右Xなどと押すと,1/30秒間隔でこのコマンドが実行されるやつ.格ゲーでは素早いコマンドが必要となるので,これが適していますが,RPGでは使いにくいです.何せコマンドが早すぎて処理落ちが確実だから.
ただしこれも使いようで,それは経験値稼ぎの項で説明します.

オート穴掘り
オート経験値・熟練度稼ぎ
オート熟練度稼ぎ(経験値0ver.)
オート金稼ぎ