-ドラクエ6 キャラデータの見方-

クイックメニュー
|| トップページ || 攻略チャート1 2 3 || ボス攻略法 || 世界地図狭間 || よくある質問集 ||
|| 掲示板 || メールフォーム || ドラクエ・FF攻略データ || 隠しページあります ||
「クリア時」のステータスは、主人公がレベル40の時のそのキャラのステータスの目安です。
またステータスを見るときに大事な点をいくつか挙げます。

1.HP
耐久力は回復役にも攻撃役にも必要です。これがないキャラは使いようがありません。

2.MPもしくは攻撃力
どちらかがあればOKでしょう。MPがあれば回復かメラゾーマあたり、攻撃力があれば正拳突きなどでダメージが与えられます。ただ攻撃力が無いキャラはMPが高く、かつ山彦の帽子が装備できないと、終盤まで使い切るのは少し厳しい気がします。

3.守備力・耐性
守備力は実は一番どうでもいい項目です。例えば守備力が100違ったとしても、凡打で受けるダメージは25しか違いません。逆に耐性が1と7/10では、例えばイオナズンでは平均30強違います。後列にいることでほとんど受けない凡打に比べ隊列関係なく襲ってくる呪文を軽減する耐性は重要です。ただ、強敵が多く使ってくる呪文・ブレスはメラ、イオ、炎、吹雪で、次点でバギといったところ。これら以外の耐性が高くても、実際には役に立たない可能性があります。

4.素早さ
中途半端なのが一番いけません。たとえばバイキルト→攻撃としたい場合、バイキルト役は素早く、攻撃役は遅いのがいいに決まっています。また回復役に関しても、素早さが高ければ先手を取って回復、低ければ相手の行動を先読みしてターンの最後に回復のような使い方ができますが、中途半端だと回復が無駄になってしまうことがしばしばあります。